【LPIC(エルピック)】合格がより難しく! 問題内容が一部改正。クラムメディアからLPIC問題集の提供がない。

スポンサーリンク

LPIC(Linux Professional Institute)

3462607995_150a6b2624_b
Photo by: Torkild Retvedt

いまさらですが、Linux技術者認定試験「LPIC(エルピック)」について驚愕の事実を、なんと2つも知ってしまいました。

スポンサーリンク

LPICの問題内容が一部変更!

まず、1点目については以下をご覧ください。

▶ ニュース – 「時代のニーズに合った問題を」――Linuxの技術者認定試験が一部改訂へ:ITpro

上の記事によると、2009年4月をメドにLPICの問題内容が一部変更されるようです。ちゃんと、「Linux技術者認定期間 LPI-Japan」の試験範囲のページにも2009年4月ごろ改定につきて記述がありました。

新出題範囲の試験になった直後は、対応している問題集が少なくなり、試験合格のための効率的な勉強がなかなかできなくなるかもしれません。改定前に合格してしまいましょう。

クラムメディアからLPIC問題集の提供が無くなっている!

2点目については以下の通り。

クラムメディアから、LPIC問題集の提供がなくなっていました!

いつの間にか、消えていました…。いったい何があったのでしょう。僕にとっては非常に痛いです。

ベンダー試験を効率よく合格するためには、クラムメディアのWeb問題集は欠かせません。Linuxについて理解しているかどうかに関わらず、クラムメディア問題集の解答を丸暗記するだけで、LPICに合格できてしまうのですから。

正直なところ、クラムメディア問題集なしでいったいどうやってLPICに合格すれば良いのか分かりませんよ! これは困りました。
レベル2に合格しなければ、レベル3を受験できない…。

クラムメディア以外にも有料のWeb問題集を提供しているサイトはあるけど…

もっとも、クラムメディア以外にも有料Web問題集を提供しているサイトはありますが…。クラムメディアほど問題の的中率が高いのか不明ですから、もう少し情報収集をしてから使うか決めることにします。

とりあえず、クラムメディアの代わりに、問題集は下記2点を利用することにします。

2つめの問題集は英語のみで日本語はありません。でも、簡単に読むことができる技術英語ですから、それほど苦にはなりませんよ。クラムメディアが使えないことは少しショックでしたが、やるしかありませんね。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. taiyaki-1 より:

    「改訂新版 徹底攻略 LPI問題集 Level2 対応」は、直前チェックや苦手分野のチェックには良いと思いますが、問題が簡単すぎる気がします。
    本番試験はもっと手が込んだ設問なので、他の教科書やドキュメントも同時に参照して深く理解しておいた方がよいかと思います。

  2. 賀来哉 より:

    taiyaki-1さん、ありがとうございます。
    参考にします。
    確かに、レベル1のときもそうでしたが、
    問題集が黒本だけでは本試験に対応できないと感じています。
    とりあえず、最初の基礎固めとして活用しています。
    クラムメディア無き今、他の問題集を色々検討中です。