【横浜マラソン2015】公認大会ではありません。

スポンサーリンク

横浜マラソン2015(2015年3月15日)

yokohama2015_20140318_01.png
img via: 横浜マラソン2015

大会公式サイトのFAQ「よくある質問」が、いつの間にか充実していました。参加料が高価いことについてや、地元優先枠と一般枠の併願についてなど記載されています。

で、衝撃的な事実をひとつ発見。「横浜マラソン2015」は公認大会ではありませんでした

スポンサーリンク

横浜マラソン2015は公認大会ではありません!

Q. 大会は公認大会ですか?
A. 公認大会ではありません。コースについては日本陸連公認コース申請予定です。

横浜マラソン2015 | 横浜を走る、世界が変わる。

エントリー時に、陸連登録情報を入力する項目がなかったので「あれ?」と思っていましたが、「横浜マラソン2015」は公認大会ではありませんでした。

でもコースは、日本陸連公認コース(申請予定)。今回はとりあえず公認コースの承認だけ行って、公認大会の申請は次回(2016年)以降に行うのでしょうかね。

※今回はコースも公認コースではありません。申請はしたようですが、承認されるまでに至らなかったようです。

参加料が高価くないですか?

Q. 参加料が高くないですか?

A. 継続した大会開催を可能にするため、参加者の方には、事業費に対して応分のご負担(受益者負担)をいただいております。今回の大会では、見込まれる事業費の半分程度のご負担になるよう参加料を設定しました。ご理解をお願いいたします。

横浜マラソン2015 | 横浜を走る、世界が変わる。

横浜マラソンの運営費用は7億円の見込みで、そのうち半分程度を参加料で負担するようです。

【関連記事】

地元優先枠と一般枠の併願で、両方当選しちゃったら?

もうひとつ気になっていたこと。それは、地元優先枠と一般枠の併願についてです。

地元優先枠にエントリーした場合、落選すると自動的に一般枠の抽選へ回る。そんなシステムが一般的には多いと思うのですが、「横浜マラソン」では、少し面倒くさいことになっています。

両方の枠での抽選を希望する場合は、両方とも申込み手続きをしなけれならないという面倒くささ…。「両方申込みをして、両方とも当選しちゃったらどうするのだろう」と気になっていましたが。

Q. 地元優先枠と一般枠を併願した場合、両方で当選し、参加料が請求されることはありませんか。

A. 地元優先枠と一般枠の両方にお申込みされた方で、当選発表の早い地元優先枠で当選した場合は、一般枠への申込みについては、当選権利がなくなりますので、二重で請求されることはありません。

Q. 地元優先枠で当選した場合、一般枠についてキャンセルが必要ですか。

A. 地元優先枠と一般枠の両方にお申込みされた方で、当選発表の早い地元優先枠で当選した場合は、一般枠への申込みについては、当選権利がなくなります。どちらも個人でエントリーしている場合は、キャンセルいただく必要はありません

横浜マラソン2015 | 横浜を走る、世界が変わる。

なるほど、分かりました。

スポンサーリンク

SNSシェアボタン