【横浜マラソン2015】エントリー開始!本日7月10日(木)お昼12:00より(抽選)。目標の抽選倍率5倍超え!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横浜マラソン2015(2015年3月15日)

公式サイト:横浜マラソン2015
LOAWSON Do! SPORTS:ホーム | LAWSON Do! SPORTS × YOKOHAMA MARATHON 2015

横浜を走る、世界が変わる。

yokohama_marathon_20140623_01

本日7月10日(木)お昼12:00よりエントリー開始!(抽選)

いよいよこの日がやって来ました!「横浜マラソン2015」のエントリー受付。本日7月10日(木)お昼12:00よりエントリー開始です!

申込み数が定員を超えた場合は抽選となり、「一般枠」の申込み期限は8月24日(日)までと期間たっぷりありますが、忘れないうちに早めに申込みしておきたいですね。

市民参加型の大規模フルマラソンへ生まれ変わって、記念すべき第1回大会。

フルマラソンの参加料は15,000円と国内最高クラスですが、いったいどれほどのランナーが申し込んでくるのか。抽選倍率はどのくらいになるのか。注目です!

【関連記事】

目標の抽選倍率5倍超え!?参加料が高価い理由!

抽選倍率(申込み数)に関しては「少なくとも大阪の5倍は越したいですね!」とのこと。

「東京マラソンの倍率は10倍、大阪マラソンは5倍です。横浜マラソンは初めての試みですが、少なくとも大阪の5倍は越したいですね! 地元(横浜市・神奈川県)優先枠3,000人も設けてあるので、ぜひ応募してみてくださいね」

7月10日から募集を開始! 市民参加型フルマラソン「横浜マラソン2015」のコースのビューポイントを教えて![はまれぽ.com]

さらに、参加料が高価い理由については以下のリンクが参考になります。横浜マラソンの運営費用は7億円の見込みで、そのうち半分程度を参加料で賄うようです。

「運営費で主にかけていくのは安全面に対してですね。

首都高速道路株式会社の協力で両車線を通行止めにします。ランナーが走るのは上り(内陸側)ですが、緊急事態のための車輌も準備し、緊急搬送ができるよう反対車線も確保しています。

もちろん、当日はコースに当たる一般道も通行止めにするので、誘導や警備などの安全のための経費がかかります。」

7月10日から募集を開始! 市民参加型フルマラソン「横浜マラソン2015」のコースのビューポイントを教えて![はまれぽ.com]

種目・定員・参加料

  • フルマラソン 23,950人
    • 地元優先枠 3,000人(抽選)(15,000円)
    • 一般枠 19,450人(抽選)(15,000円)
    • チャリティ枠 500人(先着順)(50,000円)
    • 海外優先枠 500人(先着順)(17,000円)
    • 横浜マラソンチャレンジ枠 500人(たぶん15,000円)
  • 10km 1,000人(5,000円)
  • 10km(車いす) 30人(5,000円)
  • 2km(車いす)20人(3,000円)
  • 全種目合計 25,000人

「地元優先枠」に申込みされる方は、「一般枠」との併願申込みが可能とのこと。逆を言えば、わざわざ併願申込みしないと、「地元優先枠」の真のメリットが発揮されないみたいのかな。

大会当日までのスケジュール

2014年

  • 7月10日(木) 申込受付開始
  • 7月31日(木)「地元優先枠」申込み締切り
  • 8月14日(木)「地元優先枠」抽選結果発表
  • 8月24日(日)「一般枠」申込み締切り
  • 8月27日(水)「地元優先枠」入金期限
  • 9月  8日(月)「一般枠」抽選結果発表
  • 9月21日(日)「一般枠」入金期限。「チャリティ枠・海外優先枠」申込み締切り

2015年

  • 2月 参加案内発送
  • 3月13日(金)・14日(土)ランナー受付
  • 3月15日(日)大会当日
スポンサーリンク

SNSシェアボタン