【2014北海道マラソン】コース距離計測を実施!エントリー付き宿泊プラン販売終了!GPSロスト対策!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2014北海道マラソン(2014年8月31日)

公式サイト:ホーム | 2014北海道マラソン
ランネット:2014北海道マラソン【フルマラソン】 – RUNNET

この道、この夏。

2014hokkaido_marathon_title_04

「北海道マラソン」もコースの距離計測を実施!

「京都マラソン」の新コースで距離計測が行われ、日本陸連公認コースに承認された!という記事を昨日書きましたが。

【関連記事】【京都マラソン2015】変更後の新コースが日本陸連公認コースとして承認されました!

今度は「北海道マラソン」!この夏の2014年大会へ向けて、昨日(6/23)コースの距離計測を行ったとのこと。いいですね!

創成トンネル(全長1.1km)や北海道大学の構内も、自転車でさーっ!と駆け抜けたのかな。計測員の方々にとっては「仕事」なので楽しくないかもしれませんが、楽しそう!

2014hokkaido_marathon_20140624_01
参考:コース情報 | 2014北海道マラソン

エントリー付き宿泊プランの販売終了!

また、「エントリー付き」宿泊プランが定員に達したため、販売終了したとのことです。

創成トンネルでのGPSロスト対策!

「北海道マラソン」では、10km付近で全長1.1kmの「創成トンネル」が登場します。トンネル内では当然、GPS信号をロストしてしまうわけで。昨年(2013年)は「GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 610 」でトンネルへ突入したところ、やはりロストしました。

【関連記事】「2013北海道マラソン」で走ってきました!!

a0001_000815_m
※「創成トンネル」ではありません。

トンネルを出て、GPS信号を再び受信できるようになると、ロスト中の走行距離も(ある程度)補正してくれます。なので、気にするほどではないですが。僕は気になります。

受信すべきGPS信号を受信できていないと、なんかそわそわしてしまう。走行中のペースが分からないと、なんか不安になる。トンネルを出てからのラップタイムの乱れも、なんか気になる。

トンネルでのGPSロストは、僕の走りに多大な影響を与える!そんな気がしなくもないので、今回は何か対策しようと考えています。

たとえば、

  • あらかじめ自動ラップ計測やGPS機能はオフにしておく(手動でのラップ計測)
  • GPSがなくても距離計測が可能な「Garmin 軽量フットポッド(SDM4)」を利用

など。

また、少しお金がかかるけど「GARMIN(ガーミン) Fore Athlete620J 」に買い替えるのも有りかなと思っています。


GARMIN(ガーミン) Fore Athlete620Jセット タッチパネルカラーディスプレイ【日本正規品】 112853

GARMIN(ガーミン) Fore Athlete620J 」なら、GPSが受信できない環境でも、単体で距離計測・ペース計測が可能とのこと。

さらに、NEW心拍計「GARMIN(ガーミン) ハートレートセンサー HRM-Run 」を装着することで、ピッチ・上下動・接地時間の計測もできる。あと、VO2max(最大酸素摂取量)の計測も可能とのこと。

このようなデータが得られると、調子の良い時、撃沈した時の違いが数値・グラフで分かる。今日はどこがダメだったのか、どこをどうすれば記録が伸びるのか、と分析材料が増える。嬉しいですね。

うーん、いま使っている「GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 610 」が時代遅れに見えてきました。早いとこ「GARMIN(ガーミン) Fore Athlete620J 」にしたほうが効率的で、結局は安いかも!?問題は、これだけの機能とデータを、僕が使いこなせるかどうか。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加