8/21の練習 SIT 坂ダッシュ200m*5本 (Rest300秒)

スポンサーリンク

今日の練習。

午前 ・jog 10.35km
・ウィンドスプリント 150m*3本
午後 ・アップjog 5.67km
・SIT 坂ダッシュ200m*5本(Rest300秒)
・ダウンjog 7.16km

今日の体重。
朝: 68.2kg
昼: 66.0
夕: —
夜: 64.8

北海道マラソンまで、あと4日!

今日の夜練では
スプリント・インターバル・トレーニング(SIT)を実施。
坂200mダッシュを5本。リカバリタイムは5分。

リカバリタイムについては、
主観的に完全回復したなと感じるくらいまで
休息をとろうかと思ったのですが、
それだと10分も20分も時間をとってしまいそうだったので
時間(5分)で区切りをつけることに。

SITに期待する効果は
筋機能強化による最大酸素摂取量(VO2max)の向上。
(それと、SIT後にjogを行うことによる効果的な脂質代謝能の向上。)

運動時間が短く、休息時間が長すぎるので
VO2max刺激によるVO2max向上は望めませんが
短い時間での全力運動繰り返しが筋機能アップになるようです。
このあたりは勉強不足で、まだ良く理解できていません。

最大強度の運動により
乳酸をいっぱい生産・蓄積させ除去する。
それの繰り返しでミトコンドリアの密度が増えるのか、
速筋線維側の酸化能力(乳酸除去能力)が向上するのか…。
何となくそんなイメージを勝手に持っています。

以下、SIT(坂200mダッシュ*5本)の結果。

20130821_03

20130821_04
無酸素性システムフル稼働の
最大強度(100%全力疾走)で走るのは、
腱や筋がブチっと逝きそうで非常に怖いです。
90%でも怖い。(前回やってみて、そう感じた。)

なので、
いつものウィンドスプリント(少しずつ自然に加速)に
気持ちをプラスするような感じで走りました。
これに上り坂が手伝えば、十分な負荷になるかなと…。

 

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加