8/20の練習 クルーズインターバル 3K*2 + 2K*1 (3’40"/km)

スポンサーリンク

今日の練習。

午前
午後 ・アップjog 3.24km
・ウィンドスプリント 150m*3本
・クルーズインターバル(3’40"/km)
      3K *2本 + 2K *1本
・ダウンjog 4.10km

今日の体重。
朝: 68.7kg
昼: —
夕: —
夜: 66.1

2013北海道マラソンまで、あと5日!

今日はクルーズインターバル走。
一気に走る(LT)ペース走では非常にキツい距離でも
短い休息時間を入れることで運動強度を維持したまま、
長い距離を走ることが出来ます。
(今はそんなに長くはないですけど。)

3kmを2本、2Kmを1本。
リカバリタイムは180秒。

最も期待するトレーニング効果は
乳酸性代謝閾値(LT)を最大限に向上させること。
LT強度を最大酸素摂取量(VO2max)強度に近づけること。

LTを最も効果的に向上させるには
血中乳酸濃度が急上昇するかしないかの
ぎりぎりの運動強度、すなわちLT強度で
(あるいは、少し低い強度で)運動するのが
良いらしい。

ということで、
だいたいLTペースの3’40"/kmを目標に疾走!!

以下、クルーズインターバル(3K*2 + 2K*1)の結果です。
(疾走中のペースが一定かを確認しやすいように
500mごとにラップとってます。)

20130820_01

20130820_02

あるランニング本には、
"LTペースとは、しんどいと感じる手前。
ギリギリらくに感じ、リラックスして走れるペース。"
と書いてありますが、大ウソですね。

確かに3K1本目はそんな感じで走れましたが
リカバリを挟んでからの3K2本目はめちゃめちゃキツかった…。
(ギリギリらくとか、リラックスとかいう次元じゃないです。)
1本目と2本目のキツさに差がありすぎ…。

3K2本目を走り切り、尽き果てました。
2K1本はもう辞めたかったのですが
"とりあえずやってみよう。"と思う元気があったので
やってみました。

ただし、
3’40"/kmで走るのはもう無理そうだったので
設定ペースのことは忘れて、ただ一生懸命頑張りました。
とりあえず、設定本数をこなすことができて良かった…。

3ヶ月前の高橋尚子杯ぎふ清流ハーフでは
このペースで21kmを走りきっていたんですよね。
なんかもう、夢かまぼろしかに感じます…。

 

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加