8/16の練習 朝イチjog 40分 6.59km ; 血液循環について

スポンサーリンク

今日の練習。

午前 ・jog 6.59km
・ウィンドスプリント 150m*3本
午後 ・体幹・ウェイトトレ

今日の体重。
朝: 67.2kg
昼: 65.9
夕: 68.2
夜: —

今日は軽めで、ほとんど(積極的)休養。
朝食前の朝イチjogと簡単な体幹・ウェイトトレ。

今日の朝イチjogは、脂質代謝や
有酸素性システムの機能維持(あるいは向上)よりも
疲労回復の促進が目的。

血液の循環を良くし、
身体に酸素を行きわたらせる。
(と同時に過剰な二酸化炭素を除去)
そんなイメージを持って、
かなり楽に感じるくらいで走りました。

「自覚的運動強度(RPE)」は
「ボルグスケール」で10くらいかな?

20130816_01

ちなみに、
ひと口に血液を循環させると言っても
生理学的には以下2つに大別されるようです。

体循環 (または大循環)
      — 血液が全身を巡る。
           身体の各組織に酸素と栄養分を与え
           代謝による老廃物を持ち帰る。

肺循環 (または小循環)
      — 血液が肺を巡る。
           (右心房 → 肺動脈 → 肺静脈 → 左心房)
           肺静血を肺でのガス交換で動脈血化させる。
           (血液中に酸素を供給し、過剰な二酸化炭素を排除)

(中学の理科で習ったような気が…?
高校では物理専攻だったので疎いです。)

肺胞から肺毛細血管に到達したO2(酸素)は
赤血球内にあるHb(ヘモグロビン)と
化学結合して運ばれるとのこと。

O2 + Hb → HbO2(酸化ヘモグロビン)

で、循環機能によって末梢組織(筋組織)へ
運ばれたHbO2(酸化ヘモグロビン)から
O2(酸素)が解離される。

O2(酸素)は筋毛細血管を通じて
筋組織内のミトコンドリアへ拡散し、
エネルギー生成に利用される、みたいです。

肺でのガス交換(O2とCO2)を
肺呼吸外呼吸と呼ぶのに対し、
筋毛細血管と筋組織の間でのガス交換は
組織呼吸内呼吸と呼ぶようです。

なるほど。

 

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加