【福岡マラソン2014】通常枠の倍率5倍!抽選対象45,100人!地元枠はあんまり!?

スポンサーリンク

福岡マラソン2014】(2014年11月9日開催)
公式サイト:福岡マラソン2014
ランネット:福岡マラソン2014【マラソンの部】 – RUNNET

fukuoka_marathon_20140227_01

5月19日(月)をもってエントリー受付終了となった「福岡マラソン2014」の通常枠ですが、応募者は約34,500人に達したとのこと。

地元先行枠で抽選に外れた申込み分(約10,600人)も流れてくるので、通常枠の定員9,000人に対し、抽選対象者数は34,500人。抽選倍率は約5倍となるようです。

地元枠1000人に当選通知発送 福岡マラソン [福岡県]

通常枠には20日現在で約3万4500人が応募しており、抽選対象は計約4万5100人、定員9千人に対する競争率は約5倍となる。結果は6月中旬に発表される。

▶ 地元枠1000人に当選通知発送 福岡マラソン [福岡県] – 西日本新聞

福岡都市高速道路

一方、通常枠に先立って行われた「地元先行枠」では、地元枠の定員1,000人に対し、11,639人の応募があり、抽選倍率は約11.6倍(!!)

あの東京マラソンよりも狭き門!(当選された方はすごい!)通常枠との(抽選倍率の)バランスがとれてなくて、せっかくの地元枠なのにあんまり優遇されていない感じがします(ダブルチャンスにはなるけど)。

予想外にエントリー数が多かったのでしょうかね。結果的には、もう500~1000人くらい地元枠に追加してもよかった気がします。今回の状況を踏まえて、次回の地元枠・定員はどうなるのか。注目です!


42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」 (角川oneテーマ21)

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加