GWはランニング・トレーニングを中心に過ごした。

スポンサーリンク

9連休あった今年のGWも、明日1日を残すのみとなった。
この連休はやることがいっぱいあったが、それぞれ6割程度は達成できているので満足。
それなりに充実した日々を送ることが出来た。

GWはランニング・トレーニングを中心に過ごした。
(その他は英語学習と、部屋の掃除、よそ事、将来へ向けての活動といったところ…。)

ランニングについて簡単に3つほど。

  1. GW中のランニング・トレーニングについて
  2. GW明けから帰宅ランを再開
  3. 来シーズンのレースについて

まず、GW中のランニング・トレーニングについて。
朝と夜の二部練習を行えた日もあり、走行距離は一日平均25~30kmといったところ。
エネルギーを普段以上に消費することが出来た。
しかし、負担以上に食ってしまったので、体重はあまり減っていない…。

それにしても雨の日が多かった…。
びしょ濡れになりながら走った日もあった。
しかし、先月の「リトライ東京 ハーフ&10km」でのレースに比べれば何でもない。
あの時は、雨天で2月下旬並の気温。とても寒かった。
レースだけでなく、スタート前の待機時間からゴール後の帰り支度まで、すべてが辛かった。(ちと大げさだが…)
あの経験があったから、GWの雨の中でも抵抗なくトレーニングできたのだと思う。

つぎに、GW明けから帰宅ランの再開について。
GW明けから会社では軽装(クールビス)期間になる。
それに伴い、帰宅ラン(約16km jog)を再開する予定。
ノーネクタイ・ノージャケットである分、バッグに入れる荷物も少なくなり、走りやすい時期になるので…。
(ランニング時の持ち物だけを考えた場合…。気候的には暑くなって走るには厳しくなる…。)

帰りの通勤と、ランニング・トレーニングとを兼ねることができるので
平日夜の時間は今よりも1時間~1時間半は稼げる。
その時間で、もう1つくらい何かできそうだ…。

もちろん、ゆっくりjogの帰宅ランは負荷が軽いため
ポイント練習日を別途設定する必要があるが、16km走れば1000kcal近く消費できる。
ウェイト・コントロール用メニューには丁度いい。

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンが終われば、オフシーズンに突入だ。
5月下旬~8月末までは軽めのメニューで調整していこう。

最後に、来シーズン参加するレースについて、ちょっと考えた。
来シーズンも多分東京で活動しているだろうから、東京開催のレースを中心に走っていく。
ハーフ中心。フルは今の僕には長すぎる…。

とりあえず、2012年10月21日(日)開催の
「第41回タートルマラソン国際大会 兼 第15回バリアフリータートルマラソン」にエントリした。

あとは今シーズンとほぼ同じレースにエントリしていこう。

・「第32回横浜マラソン大会」(ハーフ)(11月下旬~12月上旬)
・「月例赤羽マラソン」(20km)(12月第4日曜日)
・「第14回谷川真理ハーフマラソン 2013」(ハーフ)(1月上旬あたり?)
・「第11回NEW新宿シティハーフマラソン」(ハーフ or 10km)(1月中旬)
・「第48回一色マラソン」(ハーフ)(1月下旬)
・「第4回東京・赤羽ハーフマラソン大会」(ハーフ)(2月中旬)
・「東京マラソン」(フル)(2月下旬) ※一応申し込むが落選の可能性大
・「板橋Cityマラソン 2013」(フル)(3月中旬)
・「リトライ東京 ハーフ&10km」(ハーフ)(4月中旬) ※来年も開催されるのか?
・「第3回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」(ハーフ)(5月中旬)

このうち、記録を狙って走るのは、横浜マラソン、東京・赤羽ハーフ、高橋尚子杯の3つ。
今シーズンは努力不足・素質不足でハーフ70分切りは非常に厳しいが
来シーズンはハーフ70分切りを狙って行きたい。

まずは2週間後の高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンで
80分切りを目指し、来シーズンにつながる走りを…。
気温が上がって、記録を狙いにくいかもしれないけど、頑張ろう。

スポンサーリンク

SNSシェアボタン