だから逆に、今年はIPv6関連の問題は出てこないかも

スポンサーリンク

アジア太平洋地域のIPv4アドレス自由在庫がついに枯渇、国内の通常割り振りも終了 – ニュース:ITpro

IANA(Internet Assigned Numbers Authority)が持つIPv4アドレスの在庫は 2011年2月3日に枯渇しているが、
とうとう、APNIC(Asia Pacific Network Information Centre)でも、IPv4アドレスの自由在庫が尽き、
それと同時に、JPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)でのIPv4アドレスの通常割り振りが終了。

日本におけるIPv4アドレスの在庫が尽きたわけだ…。

JPNICにでは、すでに分配済みのIPv4アドレスを 再利用できるよう、
アドレスをユーザー間で転移できる制度を施行予定のようだ…。
どのみち、IPv6環境への移行が本格的に始まる(始まっている)。

情報処理技術者試験のネットワークスペシャリスト(NW)試験などでも
今年からは本格的にIPv6関連の問題が出題されそうだ。
(午前試験にはちょこちょこと登場していたが…)

IPv4とIPv6は基本的に互換性がない。
しばらくはIPv4とIPv6の混在環境が続く。

なので、今年のNW試験の午後問題は、
IPv4からIPv6への移行方法や、 IPv4とIPv6の共存技術あたりをメインに出題される気がする。
(ちなみに、昨年は仮想化技術がメインだった…。)

きっと、そう感じている人も多いはず…?
だから逆に、意外性をついて(?)、今年はIPv6関連の問題は出てこないかもしれない…。

まあ、どちらにせよ、今後はIPv6環境でのシステム構築等のスキルは必須になる。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加