【新宿シティハーフマラソン 2017】エントリー9月開始。30分で定員締切り(前回)

スポンサーリンク

第15回新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン(2017年1月29日)
同時開催 第2回日本IDハーフマラソン選手権大会

新宿シティハーフマラソン2017 画像
img via: 新宿シティハーフマラソン 大会ホームページ

毎年1月に東京・新宿で行われる新宿シティハーフマラソン。2017年の第15回大会へ向け、ホームページがリニューアルされました。募集要項やエントリー開始日など詳細も発表されています。新宿シティハーフマラソン2017についてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

2017 開催日・募集定員・エントリー

第15回 2017年1月29日(日)開催

新宿シティハーフマラソン2017の開催日は 2017年1月29日(日)に決定しています。前回とほぼ同じ時期ですので、スケジュールの調整もつけやすいですね。

2017 種目・定員・参加料

新宿シティハーフマラソン2017の種目・定員・参加料は以下の通り。

種目 定員 参加料 制限時間
ハーフ 一般 4,330人
IDの部 50人
6,000円 2時間30分
ハーフ(個人協賛) 120人 30,000円 2時間30分
10km 一般 2,400人
IDの部 100人
4,500円 70分
3km 800人 1,500円
中学1,000円
30分
2km 小学1,100人
ファミリー800組
1,000円
ファミリー1,500円
30分
スペシャル欄150m
(小学生・70歳以上・障がい者)
100人 500円
ひよこの部(42.195m) 400組800人 500円

種目・定員は前回(2016)とほぼ同じですが、ハーフ・10kmの部の参加料が少しだけ値上げされました。ハーフは1,000円アップの6,000円。10kmも500円アップの4,500円です。これも時代の流れですね。

一般エントリー 9月14日(水)ひる12:30開始(先着順)

新宿シティハーフマラソンのエントリー枠には「一般枠」と「新宿区・東日本大震災被災地(岩手・宮城・福島)在住枠」、「協賛エントリー枠」の3つがあります。

それぞれのエントリー期間は以下の通り。大多数の方に関係がある一般枠エントリーは、2016年9月14日(水)ひる12:30開始です。

【新宿シティハーフマラソン2017 エントリー期間】

  • 新宿区・東日本大震災被災地在住枠:
    • 2016年8月24日(水)12:30~9月8日(木)先着順
  • 一般枠(ハーフ1次受付 ※上限1,200人):
    • 2016年9月14日(水)12:30~23:59 先着順
  • 一般枠(ハーフ2次受付):
    • 2016年9月15日(木)12:30~10月14日(金)先着順
  • 一般枠(ハーフ以外)
    • 2016年9月14日(水)12:30~10月14日(金)先着順
  • 個人協賛(ハーフ)
    • 先行 2015年8月24日(水)12:30~9月8日(木)先着順
    • 一般 2016年9月14日(水)12:30~10月14日(金)先着順

【エントリー方法】

  1. インターネット(スポーツエントリー)
  2. 電話
  3. コンビニ店頭 Famiポート(FamilyMart)※一般枠・個人協賛のみ

定員締切りまでどのくらい?

前回(2016)は、20~30分で定員締切り

新宿シティハーフマラソンのエントリー方式について、かつては抽選の時もありましたが、前回(2016)から先着順に戻っています。エントリー合戦は超激戦で、今回もあっという間の定員締切りが予想されます。エントリーはお早めに。

参考までに前回(2016)、ハーフの部は一次受付・二次受付ともに開始20分~30分で定員締切りとなっています。エントリーサイト(スポーツエントリー)になかなか繋がらなかったようで、間に合わなかった方々の悲痛な叫びが全国各地から聞こえてきました。

今回も超激戦が予想されます。エントリーはお早めに。なお定員に達しても、まだ「キャンセル待ち」があります。最後まで諦めないでください。

キャンセル待ちについて

  • 一般申込みが定員に達した場合、インターネットでは、定員の5%を目安にキャンセル待ちの受付を行います(ハーフマラソンは二次申込みが定員に達した場合)。申込み画面が、自動的にキャンセル待ちの受付に切り替わります。
  • 上記支払方法でコンビニ決済を選択された方が期間内に支払をしなかった場合キャンセルとなり、キャンセル待ちの受け付け順に繰上げを行います。
  • 繰上げがあった場合、スポーツエントリーに登録されているメールアドレス宛てにメールにてお知らせいたします。繰上げは、キャンセルの発生状況により、10月中旬まで行います。

via: ランナー-新宿シティハーフマラソン

今回(2017)は、約70分で定員締切り

2016年9月14日(水)ひる12:30を迎え、一般枠の一次受付(上限1,200人先着)が始まりました。で、開始から70分ほどでハーフマラソンの部(一次受付)は定員締切りです

前回(2016)は開始わずか20~30分で受付終了だったのに、今回は70分も掛かっています。これは人気が下がったからではなく、逆に大人気のせいでアクセスが集中し、エントリーサイト(スポーツエントリー)が前回以上につながりにくかったからだと思われます。

僕も開始15分後くらいからエントリー合戦に参加してみましたが、”混雑画面”でひたすら待たされ、エントリー画面に一度もたどり着くことなく、定員締切りを迎えてしまいました。これほど混雑画面で待たされるとは、サーバーやネットワークが前回より貧弱になっているかもしれません? 

一次受付に間に合わなかった方、まだ諦めないでください。まだ二次受付(9月15日ひる12:30~)がありますね。ちなみにWebエントリーはゴミですが、コンビニ店頭Famiポートの申込みなら瞬殺だった、との声もあがっています。WebよりもFamiポートが狙い目かもしれません。
 

追記 2016年9月15日(木)ひる12:30に開始されたハーフマラソン二次受付も、70分~80分ほどで定員に達し受付終了となりました。

コース・会場アクセス

コースマップ(日本陸連公認)

ハーフマラソンの部(日本陸連公認)

新宿シティハーフマラソン コースマップ

10kmの部(日本陸連公認)

新宿シティハーフマラソン(10kmの部) コースマップ

これまでは国立競技場をメイン会場に行われてきましたが、改築中のため2015大会から「明治神宮野球場」での開催に変更されました。

都心のど真ん中を走るので、ほぼ完璧なフラットコース!…と期待されるかもしれませんが、実際は、意外と坂道が多くタフなコースだったと記憶しています。それでもれっきとした日本陸連公認コース・公認大会。2017年一発目の本気レースにいかがでしょう。

ちなみに新宿シティハーフマラソンの評価について、2015大会のランネット大会レポートを見ると、コース誘導が分かりづらかった、距離が長かった、歩行者の横断で止められた、などなど運営に対して良くない意見も上がっています。さらにはランナーと横断者が衝突して、けが人まで出た模様。

東京・明治神宮野球場をメーン会場として先月二十五日に開かれた「新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン」で、コースを横切ろうとした七十代の女性がランナーと接触、転倒して太ももの骨を折る重傷を負っていたことが分かった。日本陸連は、ランナーとスタッフや一般市民が接触した負傷事故は「聞いたことがない」としている。

via: ヘッドライン | 社会 | スポーツ | マラソン安全管理大丈夫? コース横断70代女性 接触、骨折 – 47NEWS(よんななニュース)

僕も新宿シティハーフマラソンには過去2回参加していますが、かなり走りづらいと感じる部分がありました(周回遅れのランナーに追いついたり、ハーフと10kmの部とが合流したりすると混雑して走りにくくなります)。

2017 結果・速報(リザルト)

結果はレース後、以下の記事に掲載していきます。新宿シティハーフマラソン2017は、2017年1月29日(日)あさ8:30スタートです。

関連 

スポンサーリンク

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加