【神戸マラソン 2017】エントリー抽選倍率3.75倍(前回)。抽選結果6月13日発表

スポンサーリンク

第7回 神戸マラソン(2017年11月19日(日))

神戸マラソン画像
img via: 神戸マラソン 公式サイト

兵庫県神戸市で開催される神戸マラソン。2017年の第7回大会へ向け、ホームページがリニューアルされました。募集要項やエントリー開始日など詳細も発表されています。神戸マラソン2017についてチェックしていきましょう。レース後には結果速報(リザルト)も掲載します。

スポンサーリンク

2017 開催日・募集定員・エントリー

第7回 2017年11月19日(日)開催

神戸マラソン2017の開催日は 2017年11月19日(日)に決定しています。前回と同じ時期ですので、スケジュールの調整もつけやすい。同じ日には、他にも人気大会がたくさん開催されます。でもここはやっぱり、神戸マラソンですね。

第6回神戸マラソン PR MOVIE

動画:神戸マラソン【公式】

2017 種目・定員・参加料

神戸マラソン2017の種目・定員・参加料は以下の通り。

種目 定員 参加料 制限時間
マラソン 20,000人
・初出場枠 2,000人
・チャレンジ枠 2,000人
・キラキラ女子 500人
・シード枠 前回上位
・応援ランナー枠 200人
10,300円
※応援ランナー枠は
10万円以上寄付
7時間

※グループ(2~3人)での申込みも可

種目・定員・参加料は前回(2016)と同じです。2016年に、クオーターの部が廃止となり、マラソンの定員が拡大されました。規模は拡大されても、参加料は変わりません。徐々に値上げされていく大会が多いなか、参加料が変わらないのは嬉しいですね。

前回と同じく、抽選チャンスが2回に増える初出場枠や年代別チャレンジ枠も用意されています。年代別チャレンジ枠には以下の資格タイムが設定されています。これまがまた、なかなか厳しい資格タイムで、市民ランナーの神様に愛されし者しかエントリーできません。資格タイムは以下の通りです。

年代別チャレンジ枠 資格タイム

年齢 男性 女性
39歳以下 3時間15分 3時間45分
40~44歳 3時間18分 3時間48分
45~49歳 3時間21分 3時間50分
50~54歳 3時間30分 3時間55分
55~59歳 3時間35分 4時間00分
60~64歳 3時間40分 4時間10分
65~69歳 3時間45分 4時間25分
70~74歳 4時間00分 4時間45分
75~79歳 4時間15分 5時間20分
80~84歳 5時間00分 6時間40分
85歳以上 6時間40分 6時間40分

前回上位者を対象とする「シード枠」

また今回も、前回の神戸マラソン成績上位者を対象とした「シード枠」が用意されています。男子は総合200位・女子は総合100位まで、および年代別男女各10位までのランナー全員に、なんと抽選なしで出走権が与えられます

このシード枠が今後も続くようであれば、毎年、抽選なしで神戸マラソンに出場できるかもしれません。そのためには、上位に入ることが求められますが、ランナーはやはり記録を追い求めてこそなんぼ。それはそれでモチベーションが上がります。

ちなみに男子200位のタイムは、2015大会では2時間53分台、2016大会では2時間52分台。女子100位のタイムは3時間25分台でした。今はサブ3を達成できていない方も、これからめちゃめちゃ頑張れば、なんとかかろうじて滑りこめる順位かもしれません。

画像

エントリー 2017年4月6日(木)開始

エントリー受付は2017年4月6日(木)午前10:00に開始(10万円以上の寄付で出走権が与えられる神戸マラソン公園ランナー枠は4月3日(月)開始)。受付期限は5月15日(木)まで。先着順ではなく抽選ですので、あわてる必要はありません。でもうっかり忘れないようエントリーはお早めに。

抽選倍率はどのくらい?

前回(2016)の抽選倍率は3.75倍

神戸マラソンのエントリーは抽選です。日本屈指の人気を誇る大会だけあって、その抽選倍率は非常に高い。参考までに前回(2016)の場合、抽選倍率は以下の通りです。

【2016 エントリー数・抽選倍率】

  • フルマラソン (定員20,000人) 75,097人 抽選倍率:3.75倍
    • 個人 63,245人(うちチャリティグッズ申込み 23,865人)
    • グループ2名 8,024人
    • グループ3人 3,828人

神戸マラソン2016の抽選倍率は、約3.75倍でした。2015年のときは4.3倍(エントリー数78,019人)でしたので、少しだけ敷居が下がりました。2017大会ではどれほどの数値を記録するのか注目です。

今回(2017)の抽選倍率は●倍

あとで掲載します。エントリー期限は2017年5月15日(月)17:00まで。そのあとに掲載します。

抽選結果は、2017年6月13日(火)発表予定

運命の抽選結果は、2017年6月13日(火)に発表予定です。当落結果はメールで通知されますが、RUNNETのマイページからも確認できると思います。

コース・会場アクセス

コースマップ

神戸マラソン コースマップ神戸マラソン高低図
img via: コース情報 | 神戸マラソン 公式サイト

神戸マラソンは神戸市役所前をスタート地点、明石海峡大橋(県立舞子公園付近)で折返し、ポートアイランドでフィニッシュを迎える日本陸連公認コースで実施されます。せっかく走るなら、非公認よりも公認がいいですよね。

今回はポートアイランド内のコースが一部変更され、より走りやすくなりました。コース紹介動画もアップされています。動画でのコースチェックもお忘れなく。

神戸マラソン2016コース紹介

動画: サンテレビ

レース終盤では神戸大橋を通りますが、フルマラソンを走りながら眺める神戸大橋からの景色はもう感動的です。この感動は、そんじょそこらの大会でのそれとはケタが違います。この一瞬を味わえるのなら、たとえ何回撃沈しようと何度でも神戸マラソンに挑戦したい。

関連 【神戸マラソン 2014】僕の結果は撃沈。次は「2015板橋Cityマラソン」。

なお神戸マラソンコースの攻略法を、第1回大会から5年連続で大会ゲストを務めた有森裕子さんが以下の記事で伝授しています。第6回大会へ向けて、お見逃しなく。

参考 神戸マラソン 有森裕子さんがコース攻略法伝授 | 神戸新聞NEXT

ランナー必見!! 神戸マラソン攻略法を有森裕子さんが解説

動画:神戸新聞社(kobedigital)

会場アクセス「神戸市役所前」

スタート会場の「神戸市役所前」までは、最寄りの三宮駅から徒歩7分ほど(約600m)とアクセス良好です。EXPO会場/フィニッシュ会場の神戸国際展示場からもポートライナーの駅が近く、ささっと移動できます。

ただ大会当日、帰りのポートライナーはとても混雑します。僕が2014年に参加した時は、スタート会場(神戸市役所前)への有料バスも運行されていました。混雑が苦手な方は、有料バスの利用もご検討ください(バスもかなり混みますけど)。

画像

2017 大会ゲスト

神戸マラソン2017に華を添える大会ゲストは、以下の方々に決定しています。当日はそれぞれどんな走りを魅せてくれるのか注目です。

2017 大会ゲスト

  • 有森 裕子さん
  • 金 哲彦さん

2017 結果・速報(リザルト)

結果はレース後、以下の記事に掲載します。第7回神戸マラソンは2017年11月19日(日)あさ09:00より順次スタートです。

関連 

完走率はどのくらい? ほぼ毎回97%以上!

神戸マラソン2015・2時間17分03ー19分45

動画:サンテレビ

神戸マラソンは毎回、非常に高い完走率を誇っています。これまでの出走者・完走者・完走率は以下の通りです。

【神戸マラソン 完走率】

大会 出走者 完走者 完走率
第1回
(2011)
20,642人 20,095 97.4%
第2回
(2012)
17,215人 16,813人 97.7%
第3回
(2013)
18,267人 17,808人 97.5%
第4回
(2014)
17,597人 17,203人 97.8%
第5回
(2015)
17,621人 17,087人 97.0%
第6回
(2016)
19,570人 18,814人 96.1%

第1回~第4回は完走率97%を余裕で超え、第5回大会もギリギリ97%を維持しました。フルマラソンが20,000人規模へ拡大された第6回大会はまさかの96.1%でしたが、今回はきっとリベンジを果たしてくれることでしょう。注目です。

神戸マラソン 画像

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加